トラウマだった胃カメラ検査を受ける

以前の胃カメラ検査がトラウマで、10年近く検査を放置
年1~2回は胃炎で病院へ行く。
大抵1週間程度で治まるんだけど、去年の秋の胃炎は長引いた
母の大腸がんの件もあり、
やっぱ検査しとかないかんよなぁ。。。
近年の検査方法では眠りながら検査で楽だと聞いてたけど、
あの苦痛だった胃カメラ検査がよぎる

2~3月、胃痛発生頻度も高くなり、
しかも15:00頃、決まって発生するようになった。
この時刻は祖母がデイから帰宅する1時間前
デイに行かない日はさほど気にならなかったが、
便粗相でイライラが半端なかった事もあり
ストレスから来てるのもあるかな、と。

この私が、ビール飲むのを止めたり控えたり

掛かりつけ医に相談し、
ピロリ菌検査も同時にと、紹介状を書いてもらった28日。
その場で紹介先病院へ電話でアポ。
祖母がデイの日なのでと30日の10:00に予約が取れた

実際、この病院は母が手術したとこ。
知人も昨年、胃カメラ検査を受け、
苦痛がなかった、とのことで私も受けようと決心した次第

苦痛がなければ検査は受けます

ネットで調べたところ、
いわゆる、【鎮静剤】。
睡眠導入剤みたいなもので、麻酔ではない

問診は母の診察をした先生指名。
看護助士さんには伝えてたから、

《おひさしぶりです》と元気に声掛けされた。

私のトラウマを重々に伝え、
《大丈夫。寝てる間に終わります

1 点滴開始。
2 胃の中の泡を消す薬を飲む。
3 喉を痺れさせる薬を3分口に含む。
(これ、喉の奥に到達しなければ意味がない
4 吐き出したら喉にスプレー。(麻酔?)
5 検査室へ移動し、検査台に横たわる。
6 血圧測定器をつける。
7 マウスピースをつける。
8《眠る薬を入れまーーす》
注射ではなく点滴の針から直接。

2度、オェッ!は記憶あり。
でも苦痛はなく、検査終了して起こされる。

1時間半ほど休憩室で眠り、帰宅。
通常は1時間らしいけど、
私は歩いたらふらついたので時間延長・・・

眠って30分後、
《ピロリ菌の検査のため血液採取します

診断結果は
【前庭部:表層性胃炎】【体上部・胃底腺ポリープあり】
ピロリ菌(-)

胃底腺ポリープは"幸せのポリープ"だって(笑)
ピロリ菌がいないところに出来る事が多いらしい。
ピロリ菌がいない証明だから幸せのポリープ???
悪性に変化することもなく、スルーされるものだって。

《はい!まったく問題なし

とりあえずは胃がんリスクがかなり低くなった。

ストレスをどう躱すか、やね




スポンサーサイト
ブログアクセスランキングに参加中です。
応援して下さる方々、
お手数ですが1クリックよろしくデス☆
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント

zeroさんへ
こんにちはv-31
誕生月に基本健診は受けてますよ~。
血液検査等、まったく問題なし。
注:血糖値が初のイエローカードv-40

ほんとに医療検査の進歩はありがたいですね。
胃カメラはいつでもお受けいたしますv-91

v-342は前回を更新した座席でありますように。
最前列の場合、女装したいとのお申し出、
ありがとうございましたv-8
おはようございます
医療の進歩って、凄いですよね〜。v-290
自分が20代の頃って、ウェウェとなってたのが
カメラの管が細くなって、ちょっと楽になり
去年受けた時には『寝てる間に終わりますよ〜』と言われ
ホント終わってたって感じでした。v-356

これを期に定期検診…確かご主人さんの会社にご家族の検診ってありませんでしたっけ。v-362

受けられて、9月福岡ですよ〜v-342v-407

コメントの投稿

非公開コメント

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)