「新米祖母の奮闘 」カテゴリ記事一覧


早いもので七五三

七五三

孫は早生まれなので、数えの3歳。
我が家から近い神社へ、先月早々に孫の七五三参りへ行って来ました

神主さんの祝詞の際、じっと出来るかな?
太鼓の音でビビらんかな?

そこはさすが保育園児
とは言え、私の膝に座ってましたが(笑)

この日のためにママは洋服や靴を用意。
ブーツがお気に入りだったようで、
家の中でも履こうとしてたのをばぁば、断固拒否。
靴は外で履くものよ

境内に大好きなアンパンマンとバイキンマンがいました。
そこで記念写真。

去年の今頃は、
あんまり言葉が出ないとか言ってたけど、
今じゃ普通に会話出来るし、
一人ままごとでのおしゃべりの内容が
保育園生活を垣間見るような

ほぼ毎週末、我が家に来るも、
ばぁばはミシンにはまっているので、
必ず、何か一つはお持ち帰り。
これも孫の楽しみでもあるのかな?
いや、私の楽しみなのかもね

《ばぁば~、ハイジのバッグが欲しいのよ~》

ハイジの生地で包みボタンを作ったから、
それを付けたものが欲しいらしい。

今、ちょっとオーダーで忙しいから、
終わったら作ってあげようね


スポンサーサイト
ブログアクセスランキングに参加中です。
応援して下さる方々、
お手数ですが1クリックよろしくデス☆
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

遊びに行くのも大概にしとけや

先週末から孫が、涙が出て、目やにも発生。
気管支ゴロゴロ、咳も出る。
また熱が出るのかも・・・

病院へ連れて行ったのが月曜日。
喉が化膿してるので、いつ高熱が出てもおかしくない。
もし、高熱が続くなら他の病気が考えられるので再検査。

今、この手の風邪(?)が流行っているそうですわ・・・
前回の退院後、免疫力・体力と回復途中だったからかな

とは言え、薬も効いてか、微熱で終了

孫は強度な便秘クセあり。
幼児の便秘は食生活や生活リズムはもちろん、
トイレトレーニングが原因であることも・・・
保育園でトレーニングも、
体調崩して休む回数の多いうちの孫は、なかなか進まず。

便秘→便意あるけど、出すのに痛いから泣きわめく→諦める→便秘。

そんな最中、先週日曜日、
ママは東京へ、仮装オタクのイベントへ行った
ちょうど土曜日、孫の具合が悪くなり、便秘で余計にぐずって手を焼く。

親が居ない時に不思議と足止めされるんだよね

日曜日の夜、とうとう排便騒動が始まる

私の背中に捕まって、必死にいきむ孫。
顔は真っ赤で大汗かいて泣き叫ぶ。

出ている途中のを見たら、

デカすぎやろ!!!!!

大人の握りこぶし大だよ、そりゃ痛いどころじゃないよな
しかも、めっちゃ固い・・・
親はいないし、心細かったろうよ。

イベントだから、事前にチケット取り、飛行機予約もあり、
数人現地集合だからドタキャンは無理だろう、けど・・・

親に預ける前提で、
勝手に予約すんなや!


親としか寝ない子供なのに、

帰りの飛行機の時間、考えろや!

いくら土日、両親居ても子守りは

旦那の休みが返上なんだよ!!

私たちが丸一日外出するとして、

14羽のインコの世話を
やってくれるんか!!!


今置かれている環境に甘えるなよ。。。

次のイベント、大阪泊まり掛けって豪語してたよな・・・

子供連れて行けやーーー!



ブログアクセスランキングに参加中です。
応援して下さる方々、
お手数ですが1クリックよろしくデス☆
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

やっとやっといつもの我が家に戻る

日曜日に自宅へ戻った孫たちは2週間、
我が家で療養しておりました。
お風呂は《ばぁばと入る》と、ご指名。
ママが《え~?ママと入ろう》と言うと、
孫は、"イヤ"とか、首を横に振るとかでなく、
《入らん!!!ばぁばと入る
かなり会話も成り立つようになりましたわ

12kgの孫を抱っこするのが、
やはり筋力低下の著しいばぁばにはもれなく後遺症が・・・
最近、五十肩なのか、左腕を後ろへ回し、肩甲骨まで上げると、
鎖骨下あたりが突っ張ったような痛みが走る。
腕は上がるしぐるっと回せるんだけどね・・・
右ひじ痛は悪化。

今日、午前中はインコたちの通院。
明日は婦人科へ行く予定。
先月後半分の仕事用の帳簿や
売り上げデータ等の入力作業も溜まってるので、
早く終わらせないと・・・

季節ものの新作グッズを作るはずが、
この2週間ストップだったので、今更もう遅いわなぁ
他予定だった準備も出来てないし、
月末から旦那が大型連休だし、
今月の計画を立て直すのが先決かな。

何かちょっとゆっくりしたいなーー



ブログアクセスランキングに参加中です。
応援して下さる方々、
お手数ですが1クリックよろしくデス☆
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

大人がRSウイルスに感染したら・・・

ネットで調べていると、乳幼児が感染した場合に関しては
割と検索出来る
とは言え、ほとんど似たような記述ですけどね・・・
大人が感染した場合もついでのように記述されています。

ほとんどが風邪程度で済む》
《高齢者や特定持病持ちは重症化しやすい》

リアル体験が検索であまりヒットしなかったので、
我が家の体験談が参考になれば、と思います
*正式な検査をしたわけではありません*

感染源は孫。
潜伏期間は2~8日と言われる。
感染したであろうママ(扁桃腺肥大)とばぁば(気管支弱い)。
子供の世話は①ママ ②ばぁば。
接触度の濃いほど重症化しやすいは正解

RSウイルスに感染し、悪化すると、
気管支炎がひどくなる=咳、痰が尋常でないため、呼吸困難
風邪の症状である鼻炎も長引くので、
鼻詰まり、鼻水で口呼吸になる。

気管支炎が重篤化すればするほど、
横になると呼吸するのが困難。
乳幼児であれば立抱きが一番楽なのです。
(大人であれば、熱がなければ座ってるのが楽。)
眠いけど呼吸困難で眠りが浅い
だから寝たと思って布団に寝かせようとすると
本人は苦しいので嫌がる=立抱き続行=看護に疲れる。
そして看護交代=感染拡大。

まだRSウイルス感染と知らなかった数日、
ママは仕事、ばぁばが子守り=潜伏期。

孫が入院した25日、
ママは、喉に違和感。ばぁばは、気管支に違和感。
二人して、これはヤバイ・・・

ママは入院に付き添い。
当然ながら24時間一緒。しかも熱が出ている間、立抱き。
とうとうママは座って寝たそうだ

26日午後、ばぁばとじぃじ(会社半休)は病院へ行った。
ばぁばが孫を看護、じぃじはママを買い物へ連れ出す。

27日、何かいるものある?とメールすると
別に無いから、病院に来なくても良いよ、とのこと。
この日、完全解熱の孫。
28日未明、発熱(高熱域)したのはママ。
ばぁばは軽い寒気と筋肉痛、咳、息苦しさ勃発。

28日、ママからHELP電話。病院へ行きたいと。。。
(子供が入院している病院では診察出来ない決まり)
ばぁば、朝一37.2℃。筋肉痛半端ない

じぃじがママを迎えに行ってる間にばぁばは病院へ。
月一の降圧剤をもらいに行くこともあり、
事情を伝えたら、強めの抗生剤と気管支拡張剤を
《これでひどくはならないと思うよ》
ウイルスには抗生剤は効かないが、
2次感染がひどくならない様に処方される。
12月の肺炎騒動があるからね
そしてお昼前には38℃。夜は39℃へ一直線。
しかしながら他症状が軽いので、いたって元気

ママは掛かりつけの耳鼻咽喉科へ。
かなりひどい扁桃炎のため、まだ油断できないとのことで、
当面、仕事STOP。
この状態では、
子供の世話は無理なので、医師と相談しなさい、とお達し。
すぐに入院先に戻ると
孫は状態も良いので退院OK。
付き添いでは、ママがゆっくり出来ないだろうからと退院の勧め。

元気なのは孫とじぃじ。

ママは微熱が続き、解熱したのは30日。体力低下が顕著。
ばぁばは29日には解熱。咳と痰が残る。
30日、孫の子守りで息切れしたけど、ほぼ復活

元々呼吸器系が弱いので簡単にウイルス頂きました

ママもばぁばも、
普段からちょっと異変を感じると早めに病院へ行く。
軽く済むことの確率ははるかに低い。
ひどくならないための対処は毎度の事

《ほとんどが大丈夫》


大丈夫でなかった時に、周りや家族にも迷惑をかけるので、
自分がほとんどの中に入るであろう根拠のない安堵は
持たないこと、ですね




ブログアクセスランキングに参加中です。
応援して下さる方々、
お手数ですが1クリックよろしくデス☆
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

孫、RSウイルスに感染する(3)-退院-

孫は28日に退院しました

25日夕方入院。
27日には熱も出なくなり、残すは痰除去。
28日お昼に退院となり・・・

孫は元気になったから、じっとしてない。
退屈で退屈で仕方ない。
退屈でぐずる。

付き添いの娘がダウンしたので
このまま退院した方が、お母さんがゆっくり出来るだろうと、
医師の勧めもあり、
じぃじとばぁばの家に戻って来ました

入院中、孫は病院食を食べない
差し入れのジュースやゼリーは何とか食べる。
薬入りの食べ物がトラウマなのか

看護士さんや保育士さんが
折り紙でアンパンマン作ってくれたり、
シール張りが好きだから、
シールと、台紙用にキノコを折り紙で作ってくれたり。

今冬は乳幼児の入院がとても多かったそうです。
孫の病室は4人部屋で
先に2人のRSウイルス感染者がいましたね~。

RSウイルスに関しては、
検査しないことには発覚しないです。
単なる風邪と思い、すぐに治るものでも、
もしかしたらRSウイルス感染だったかもしれないのです。
これは大人でも同じです

何度も罹ることで免疫UPと言われてますが、
重篤化する確率が低くても、0ではないんです。
↑大人も同じ。

感染力が強いのでいつのまにか人に移してしまってることもあります。
移された、と言うより、
移してしまった、と言うことを重視することの方が、
ほんとの予防かと思います。

ママとばぁばの感染は後日・・・




ブログアクセスランキングに参加中です。
応援して下さる方々、
お手数ですが1クリックよろしくデス☆
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)