「W介護&介助 」カテゴリ記事一覧


総入れ歯で互いにストレス

先月、被せものした歯がポロッと取れた祖母。
下歯側はすでにないので機能はしていなかったが、
一応、歯科医へ

ここ10年そこらで一気に歯がなくなり、
以前は部分入れ歯もあったのだけど、
《痛い
微調整のための通院をしなかったので放置。

歳を取ってからは歯も磨かん・・・
注意したら
《死にゃ~せん
ほんとにめんどくさがりで忠告無視が多かった。

今回の総入れ歯は歯科医の提案。
歯科医としてはそりゃそうよね(笑)

95歳だし、私としては今さら要らないんじゃぁとは思ったけど、
食べる執着心は相変わらずだったし、
入れ歯で食に幅が広がり、噛むことのメリットを優先した。

本人は過去の部分入れ歯の嫌な思いがあり、
ノリは悪かった。いや、不本意だった。
きっとすったもんだぐずぐず言うだろうとの予測はビンゴ

慣れるまでは装着していないといけないし、
痛いと言う場所を医師に見せての入れ歯調整。
確かに赤くなってたので痛かっただろう。
見てないところでは勝手に外し、
うちの次女ややって来た長女に泣き入れ。
事情を伝えていたにも関わらず
デイサービスで食事出来ないから外させた・・・と。
自宅でも、食事を目の前にしたら急いで外す。

『誰が外していいって言ったんねーーー

痛いのはわかる。けど翌日は通院。
『先生が診てくれるからもう1日の辛抱よ!』
『ゆっくり噛んで、慌てて食べんで良いから。』

祖母『痛いのに全部食べれるんやろか

食べるのが前提

翌朝(通院日)。起こした後、朝食持って部屋へ。
『あと1時間の辛抱やけね。よくがんばったね!』
ちょっと時間置いて戻ったら、ぐずぐず言い始めた。
私の爆発カウントダウン開始。
そして悪態たれやがったので、私はとうとう大爆発
過去最高の罵倒

微調整後は痛みも少なくなり、
今まで食べられなかったものも食べられる様になって来た。
しかしながら、いかに外そうかを模索しているため、
翌日も微調整のため歯医者へ。
翌週明けに再度微調整へ。
その後も間髪入れず、デイから帰宅後も微調整へ。

慣れるにはかなりの時間も必要。
自分に合う入れ歯になるには
自分が入れ歯と上手に付き合うこと。

祖母も食事の際、テンションかなりダウン。
私も毎日毎日イライラしまくり、血圧が上がってさぁ大変
良かれと思っての入れ歯は
お互いにストレスになってしまってる。
いっそ、入れ歯は使わず元のままで・・・と腹をくくった。
『先生に入れ歯はしません、って自分で言ってね』

その翌日の微調整時、
『下が痛い』を連呼する祖母。
『上は痛くないですか???』と医師。

『上に3か所、傷がありました
『(調整したので)これで痛く無いはずです

嫌々だったし、痛むのが上も下もわからないのか(笑)

その日以降、痛みはなくなった。
デイでもショートステイでも、
がんばって入れ歯装着しているとのこと

これからは今まで敬遠せざるを得なかった美味しいものを
たくさん食べようね

思い残すことなく・・・


スポンサーサイト
ブログアクセスランキングに参加中です。
応援して下さる方々、
お手数ですが1クリックよろしくデス☆
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ショートステイ利用開始

マーチンライブの日に合わせ、
1泊2日のショートステイを利用した祖母。
常日頃からお泊りの話題をしてたので聞けば思い出すようだった

遅くに帰宅しても祖母が居ないので、
正直なところ、解放感が半端ない
ちょうど、次女と三女が日中、一緒に行動し
私たちが帰宅した時は、2人で飲んでた

合流4人ともなればそれは賑やか。
祖母が居ないので騒いでも気兼ねせず。

『ばあちゃんがおらんかったらこうなんやね

必然と夜は静かに、だもんね

帰宅した祖母、
『みんな親切やし安心や。』

また泊まってもいいと思う???

『うん

ばあちゃんが思っているような老人ホームとは違うやろ?

『うん

祖母には、
ショートステイと老人ホームは同じようなもの、と言って来た。
もし万一、私に何かあれば見る人はいない。
ばあちゃんが私の手に負えないようになったら施設。
万一のためにも慣れておくべし、と言っている

今月から月2回のお泊り開始。
ただし、土日のショートステイは送迎がなく、
家族のお仕事ですね
さっそく先週末にお泊り。
それなりに過ごしているようです。

家と外の顔・行動が180℃違うことが多いので
いつかは祖母も自分の首を絞めるでしょう。
ま、それも人生って事で。

以前は、
認知症になった人は好きで認知症になったわけではない。
病気と思って対処を、と思ってた。

でも今は、祖母のような場合は違うと思ってる。

認知症街道まっしぐらな生活を送って来た人のツケなんだろな。

私は祖母を見ながら
気を付けないといけないことだらけやなと、
わが身を振り返る事が多くなった

人間の最期は人生の集大成や・・・



ブログアクセスランキングに参加中です。
応援して下さる方々、
お手数ですが1クリックよろしくデス☆
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ショートステイ併用します

祖母と同居して8カ月が過ぎ、
認知症状の波に私がストレスを感じはじめ、
ついついきつく当たってしまうため、
このままでは祖母も落ち着けないだろうと、
定期的なショートステイ利用を検討していた

認知症対応デイの施設は本来、特養。
ショートステイも併設なので
祖母の不安や混乱が少しでも軽いのではないか。

先月末の担当者会議にはショートステイ担当者2名も参加。
これは今月末のお試し用のためだけど、
その際、いろいろと聞いてみた

この施設では週末の空きが多いそうだ。
同席のケアマネさんも、えっ
ケアマネさんの担当の方々の多くが、ショートステイ利用も、
週末が取りにくいんですけどーー

今時は共働きが多いから、週末は自宅で介護?するのかな・・・
私なんて毎日家に居るのに
とにかく距離を置こうとしてる
神様仏様仙人のような温厚な人ではないですもん

認知症に関しては、あくまでも《病気》と思ってる

これまで祖母に関わって感じて来たこと。

認知症状にはあくまでも個人差があり、
マニュアル通りには行かない。
元気な頃からの祖母を重々承知。
昔の苦労も良く聞いて来た。
性格も自分なりに知ってる。
(ま、それ以上に違った角度でも視てるんで・・・

認知症状にはこう言った背景も影響すると言うことね。

先月半ばより、
認知症対応デイの担当者に、相談の申し出をしていたのだけど、
"プライドを傷つけてはいけない"
"あ~~、それは言ってはダメなんです"
マニュアル通りなんです、回答が・・・

知ってます

家と外では違うんです。
認知症になる前から外ではお利口さんな人だったんです
困ってないならデイに預けませんから。

祖母の言動などを伝えるとビックリしてました

最近はデイの用意を事前に一緒にしても、
翌日にはとんちんかんな事になってたり、
先日なんて汚れたパッドがバッグに入ってましたわ。
さすがに、
『ばあちゃん、何しよんの。デイの人に失礼よ

祖母のプライドを傷つけてますよ、私は。
でもね、他人に迷惑掛けたくない性格は変わってないので、
そこを突くんですよ。

でも、マニュアルを見直すのも今の私には大事なことかと思ったわ

ショートステイも10月から月2回定期利用。
夜間外出が出来るようになった

『私がギンギンギャンギャンうるさいから、
月に2回くらいゆっくりしようね~~』

担当者さんいわく、
『うちでは寝かせませんヨ~~
いろんな工夫があるのだろうね。

さて、どうなるかな・・・


ブログアクセスランキングに参加中です。
応援して下さる方々、
お手数ですが1クリックよろしくデス☆
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

デイより呼び出しで病院へ連れて行く

土・日は認知症対応デイへ通う祖母。
先々週の土曜日、
メガネを新調するため夫婦で出掛けてたところに
午後2時前だったか、デイから電話。

《脈拍が50を切ってるので念のため病院へ行った方が良いかと・・・》

出掛け先からは20分くらい。
午後3時前にお迎えに。

祖母は普段から50~60くらい。(超高齢者はこんなもの)
掛かりつけ医からも指摘されたこともなく、
50を切ると徐脈、と言うんだっけ?心疾患の疑いがあるとか
確かに去年末のヘルニア手術前検査で、
腎臓~心臓への動脈硬化がひどいので、
普段から息切れとかあるのではないか?とは言われた。
それでも全身麻酔した祖母だったけど。。。

土曜の午後なので掛かりつけ医もすでに休診。
あ~、また時間外か・・・
受け付けるのは旦那が入院したS病院か、
祖母が手術したM病院のみ・・・

循環器内科の医師が診る方が良いので、
事前に担当医を確認した方が良いと、デイから言われたので電話。

事情説明しお尋ねしたら・・・

M病院
《今日は内科の先生が担当です》
S病院
《時間外外来の今日の担当医が診ます》

ほんとS病院はつまらんわ~~。
当然ながらM病院へ。内科だし。。。

到着時は脈拍も60と復活。
デイの記録用紙を持参し、普段のデータをチェックする医師。
急きょの心電図も異常なし。
その3日後の掛かりつけ医への定期通院時。
祖母の脈拍のボーダーラインは、
普段が50~60なので45まではOKとしましょう。
ただし、ふらつきや頭痛等がないことが条件。
これをデイに伝えた。

さて・・・・
急患の翌日の日曜は
本人が用心のために休み希望

そして休んだ朝一からトイレ内、大大大大大粗相~~~

後始末に必死の祖母。

呼べっつうたろうが!!!!!
いらん事すんなやーーーー

トイレ内外にブツがブツがブツが~~~
しかし、何で外に落ちてるんだ???

動かんで!!!!!
と言ったのに後ずさりしやがって
外に落ちてるブツを思いっきり踏みやがった

手をきれいに洗ったつもりで拭いたタオルが、
茶色に染まっている。
家中に臭いが充満し、吐きそうやったわ

私の大声に急いで2Fからすっ飛んで来た次女。
ちょうど友達が泊まってて・・・
《もぉ、ほんと勘弁してや~~

そやろ?
私が大慌てする姿を見て、仕方ないやん、って言って来たよね。

自分に直接関わったら腹立つやろ?
きれい事じゃ済まないんだよ
あたしゃ、日々が恐ろしいんだよっ
祖母が在宅してる日、居る時間は悠長に出来ねぇんだよっ

医者は
これと言った所見が見当たらないのでま、大丈夫でしょう。
って言ったんだから、
デイに行きゃいいやん。
寝る→食べる→寝る→食べる・・・
ただの寝たっきりが良いならそれなりの措置を取るよ、と
祖母に言ったけど、覚えてるはずもない



ブログアクセスランキングに参加中です。
応援して下さる方々、
お手数ですが1クリックよろしくデス☆
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

直腸脱のために専門医に診てもらう

旦那が退院した日は、祖母の定期通院日。
旦那が帰宅してから祖母を病院へ連れて行った。 
以前から問題にしてた直腸脱の件で掛かりつけ医に再度相談し、
母が手術した病院への紹介状を書いて頂くようにした
( ↑ ココには直腸・肛門科専門医がいる)
去年末に腸ヘルニアで手術した病院でも良かったんだけど、
万一の際に備えて、デイ2か所やうちからも近い方が良い。

日を改めて紹介状をもらいに、私だけが掛かりつけ医へ。
その翌日を初診とした。
検査では視診と内診必須。
ところがいつも出てる直腸がこの日は出てない
トイレでいきんで、と言われ、
私がトイレ内へ付き添う。
思いっきり突出したのでこりゃ良い!!!と
張り切って診察室へ。

『引っ込んでます

歩行したから引っ込んだのか?
腹圧が掛かる度合い、ってことだろうと・・・

《先生について来てもらったら良かった

年齢的にも括約筋?が緩んでるのは確かだそうで。

『実際、出てるのを見たいんですよね~。
写真があれば判断出来るんですが~~』

トイレ誘導の途中、私もそう思った

しかし、場所が場所ですよ・・・
いろんな角度から撮らないといけないよね
自宅では、祖母のお風呂介助は週2回。
トイレ粗相直後とかなら撮れるかも・・・
いやいや、それどころか掃除が先よ

次回の通院予約はなく、
私が写真を撮って見せる、ってことに。

画像は現在1枚撮れてる。
これ、まだPCに入れてないけど、
インコたちを撮るのがメインなデジカメ。
画像確認のたびに直腸脱患部が表れるのってどーよ
撮れたらそっこーホルダーに入れた方が目に良いわね
画像を並べてプリントしようと思ってるけど
カメラの画像の方がきれいだから、いらん事せん方が良いのかな

以前、掛かりつけ医からも言われた通り、
手術したとしても再発しやすい、と。。。
超高齢でもあるし、さほど生活に支障がないのなら
排便コントロールしかないとな・・・

とりあえず、写真は撮りますよ、はい




ブログアクセスランキングに参加中です。
応援して下さる方々、
お手数ですが1クリックよろしくデス☆
  ↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)